2018

03.31

« DQ10漫画更新 »

DQ10漫画更新しました!
これでやっと80まで。
pixivにまとめてアップしました。

次はトップ絵作業を…!

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.25

« STEINS;GATE »

STEINS;GATE (アニメ)
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

前々から気になっていたのですが、dアニメを契約したので一気に見ました。
知識ほとんど無しで、少ないコメントを頼りにしました。
最初はイタい主人公、おかりんが夢を語りながら何か騒いでるなあ…と思っていました。
しかし、まさか本当にラボでタイムマシン的なものを開発して、本当の謎の組織に狙われることになろうとは。
とりあえずクリスとダルが天才だと思います。
あとルカ子かわいい。
まゆしぃが普通にコスプレ好きということ、ダルのオタ的セリフは、普通にこういうのが好きでもいいんだよね…と思わせてくれました。

なんかイタいキャラがどんどん出てくるなあ…と思ったら、10話ぐらいから一気に自体が急変。
まゆしぃがどうやっても死んでしまう。何回おかりんが時をさかのぼって試しても。これはさすがに絶望しました。
その未来を変更するためには、ラボで実験してきたこと全てを取り消していくことが必要と分かって、ここからは悲しい作業に入りました。
ルカ子とフェイリスは過去を変えて幸せになっただけに、かわいそうだったなあ…。
もえかさんは、最後まであまり好きになれなかったのですが…でも、今までのこの人の歴史を掘り下げると、いいなりの人間になるのも分かる気はしました。思ったより結構深かった。

何よりトラウマになったのはラスト。
クリスを死なさないためには、過去の自分に、クリスが死んだように見せないといけない。
血糊を持って、クリスを気絶させて、あとは血糊を使うだけ…のはずが、まさかの凝固。
このままの血の量では、死んだようには見えない。
一目で死んでると思わせる、血の量を確保するために、すでに負傷していた自分から、さらに血を流したのでした。アイタタタ…!

でも、そのおかげで、おかりんが守りたかったラボメンはみんな守ることができました。
世界線は、ハッピーエンドに向かったのでした。

その1年後設定が劇場版。
じわじわと、おかりんが消滅。
ラボメンからも記憶がなくなっていくが、かろうじて一番強く違和感を持ったままだったのがクリス。
今度はクリスが、おかりんを助けに行くことに。
未来からやってきた(便利な)少女、鈴羽(すずは)のおかげで、おかりんが子どもの頃にまでワープ。
インパクトを与えてきたおかげで、おかりんは元に戻ったのでした。よかったよかった。

スマホがまだない時代の、携帯電話やメール、ポケベルでできる可能性を考えて作られた物語でした。
私も前に携帯電話の漫画を描いたので、なんだか親近感を持ちました。
ちょうど来月からは、『STEINS;GATE Ø』(シュタインズ・ゲート ゼロ)が始まるとのこと。今度はリアルタイムで見られるかな?

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.25

« DQ10漫画更新 »

4日前にも更新しましたが、今日も更新です!
描く間があるときは描く…よ…!

アニメのポプテピピック、結局全部見ました。
あのキャラの絵は好きではなかったのですが、AパートとBパートでの声優チェンジぶりはすごくおもしろかったです。
やっぱ声をあてるプロってすごいんやなあ…違うアニメに見えたもんなあ…いやちょっと本当に違うときもあったけど…。
ずっと新コーナーだったボブネミミッミも…うん…良いときもあったと思います。ある意味での安定感とか。
それにしても最終回では、なにげに死んでしまったときのオルガやヤムチャのような人が後ろにいて、細かいところまで面白かったです。オルガは…かつてのあのシーンはすごく悲しかったのに、今見ると何か笑える要素があるのですね…w

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.21

« DQ10漫画更新 »

3日前にも更新しましたが、祝日パワーでがんばりました。
漫画の資料用にDQ10でSSを撮るのですが、かなり期間があいてしまうと写真データが自動削除されていて、アイヤーとなった今回です。
ネットで検索もだいぶしましたが、欲しい画像がなかった…!
やっぱり強ボス終了時のSSは自動で撮らなくてもいいかな…うーん。

ここのところは多忙でもあったのですが、dアニメストア ニコニコ支店の契約をしちゃいました。
少なめだけどコメント付きで、月額432円で見放題ってレンタル店よりも安くて便利で、ちょうどいい金額のような…!大人っていいね。
前から気になっていたオーバーロード2、シュタインズゲートを一気に見ました。
一気に見過ぎて疲れたかもしれませんw仕事でも疲れているのに、一体何をしているのか。
一覧全部を見るにはさすがに時間が足りないので、見るものは選ぼうと思います…うん。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(2) 

    2018

03.15

« ゼルメア »

DQ10は、いにしえのゼルメアです。
元気チャージ分は使い切ったので、今はだいたい1日1回は行ける状態です。
昨日は1階で、何も手に入らずに終わりましたが…ね…!青山さあぁぁん!
DQ10TVでは青山さんが4階に行っていて、不正疑惑がでていましたwいいなあw

私はとりあえず4階まで1回行けたので、あとは良い装備が欲しい状態です。なかなかこれだ!という装備が出ないのですが…。
同時に、じわじわと装備を買い換えています。
ゼルメア産で使えるのものは使おうと思ったのですが、あっという間に青の錬金石が消えていきました…。もうお金で解決するしかないw
180315.jpg
この魚のオブジェがなんともいえない味があって好きです。おもしろい!w

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.09

« 人狼TLPT X(クロス) ドラゴンクエストX 勇者姫と薔薇の盟友 スペシャルステージ »

人狼TLPT X(クロス) ドラゴンクエストX 勇者姫と薔薇の盟友 スペシャルステージ
「ドラゴンクエストX」と、新機軸の観客参加型ライブエンターテインメント「人狼 ザ・ライブプレイングシアター」(人狼TLPT)のコラボレーション公演。
勇者姫アンルシアと大魔王マデサゴーラの最終決戦を前に戦士や僧侶といった13名の仲間が、ウソをあやつる「人狼」に立ち向かい筋書きのない“たった一度の物語”をアドリブで生み出します。
人狼TLPTがベースにしているのは、人気パーティーゲーム「人狼」。
「人狼」ゲームと同様、誰が人狼になるかは毎回変化するため客席からも人狼探しをお楽しみいただけます。

【スペシャルステージ】
3月8日(木) 13時開演のスペシャルステージは、人狼TLPT出演者のほか、ゲストを招いて「人狼」ゲームをプレイする特別ステージです。
番組冒頭は無料でご視聴いただけます。1,500ニコニコポイント(税込 1,500円) 
販売期間:2018年3月14日(水)23時59分まで
※生放送終了後の視聴(タイムシフト視聴1回)が可能です。
以上、ほぼサイトより。

「人狼」については、一度、ニコ動で2月にこの宣伝での放送を見た程度でしたが、今回はDQ10が絡んでいるということで、ネットチケットを買ってみました。地方住まいだと、ネットで1,500円で見られるって最高の扱いやで…。
とはいえ見始めたら24時間で有料チケットの効果が切れるという、なかなかシビアな設定。

今回はスペシャルステージで見覚えのある人々が登場していたため、「誰」というのは覚えやすかったです。
誰が「何を言ったか」をメモしながら人狼探し。
どっちを信じるか…可能な範囲で仮定をしながらメモメモ。
夜を迎えると、観劇者は消された人が何の役だったか分かります。
かなりの役を当てることはできたのですが、3人目の人狼と凶陣役はどちらがどっちか分かりませんでした。
でも、ここまで絞り込めただけでも楽しかったです。

タイムシフトでの無料視聴では、1日目の夜まで見ることができます。
というわけで第1ステージを見ました。
こちらは本当にタイトルどおりの、内容や登場人物の職業がDQ10の内容。
オープニング劇がDQ10映像とのコラボありで良かったです。
各キャラ1人ずつ、しぐさ付きでの紹介が、ああこれDQ10のしぐさだー!とプチ感動しました。
特に武闘家ムサシのアクションはかなり格好良かったです。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.04

« ソロモンの偽証 »

著:宮部みゆき

映画にもなった長編。
気にはなっていたのですが、やっと読むことができました。
長編でのネタバレのため、折り返し。
 ...READ MORE?

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP