スイッチ版のDQXがサービス開始しました。
Wiiプレイヤーでコードはもらいましたが、本体がまだ手に入っていないので待機です。
いや~スイッチは売ってないですね~。
あまり本気で探していないというのもあるのですが、ちょっと大きめスーパーのおもちゃ売り場で「予約受付開始日未定」と貼り紙は確認しました。
うちのWiiはDQX専用機のため、せっかく動くのにまだ遊びたい気持ちもあるし、まあのんびり買える日を待とうと思います。
バージョン4開始時に遊べなくても、まあいっか~というレベルです。
…本当に近づいたら、どういう気持ちになるかは置いといて。
2017_09_21


DQX漫画を更新しました。
前回までは、漫画だと雑誌のような見開きの方が見やすいかなあ…と、ここ何年か手を入れて2P分を並べて表示させていました。
しかし最近は、どうやらスマホで見られることの方が多くなってきたようで、今回から縦にずらっと表示に変更しました。
時代の…流れか…!
2017_09_10

DQX漫画更新

category: 未分類  

DQX漫画を更新しました。
あいつは…めんどくさいで…。

DQXのWii版からスイッチ版へのアップグレードキャンペーン、申し込みはもうすぐ終わりの9/10までのようです。
これは済み。
しかし現在、スイッチ本体が手に入っていない状態です。今はまだ良いけど…。
最初、実際のDL期限が今年の11月30日までかと思っていたのですが、よ~く見ると、来年まで。
ダウンロード番号の入力期限は 2018年11月30日(金) 23:59 までとのことです。
良かった、さすがに買えてるはず。
いやここまで粘られたら困りますが…。
ニンテンドーアカウントも必要なようです。これは先に登録しておいてもいいかも…といいつつのんびりです。
2017_09_02


面白いゲームだと話は聞いていたのですが、ものすごく今頃、初プレイしました。
主にストーリー重視だったのでイージーで遊びました。
ひととおり遊んでみての、個人的な評価と感想などを。最高(★★★★★)点。

・物語(★★★☆☆)
最初、いくらユーリが兄貴キャラだからって、エステルをはじめ素性も不明、怪しいままでどんどんptを組んでいくのかが謎でした。
あ、でも外を歩くには協力していくことが必須の世界だったから、詳しく知らない人でも一緒に進むのが普通な世の中だったのかな?
色々よく分からないまま、行く先が決まっていったのが…なんだかなー。
後半の精霊探しが面倒でした。エレアルーミン石英林等のダンジョンは後半になるほど綺麗だったんですがね…。
・キャラ(★★★★★)
ユーリが大人、というネットでの噂でしたが、実際そうでもないなあと思ったのは、自分がもっと年齢重ねてるからかもw
ユーリとジュディスのガスファロストでの息の合わせ方が気持ちよかったです。大人だわ。
レイヴンがシュヴァーンだと言われても、イマイチ分かりませんでしたwあとアレクセイも誰?状態でしたw
パティが何かにつけて海のものに例えるのが…後半は正直うざかったですw正体の明かし方についてはなかなか面白かったです。
アビスのガイと似てるフレンは堅い奴でしたが、だんだん受け入れられるようになっていったのはよかったです。でもあなたギルドの仲間になってる場合じゃないで…そりゃユーリが刺されるわ…w
ユーリがエステルとくっつくと思いきや、リタがエステルの強力な味方になっていってびっくりしました。そういえば最後もこの辺うやむやで終わったようなw
全体的にスキットは楽しかったです。おっさんもいいね。
ヴェスペリアを遊びたかったのはキャラがそれぞれかわいい・かっこいい感じがしたからでした。その点は良かったです。
・OP(★★★☆☆)
曲自体はは良いけど、戦闘モノなのにのんびり系。
映像をよく見てたらストーリーにあまり関わっていない内容。
だってサビで結構長くエステルのスロー再生…花畑が物語に関係していなかっただけに、やや残念でした。
テイルズってもっとガンガンアニメが動くものだと思っていたのに…アビスのように。
あとリタはあんな無垢な笑いはしないと思うんだ…。OP最初とEDのブラスティアが集まるムービーで違和感。
・戦闘(★★★☆☆)
雑魚敵に魅力がなかったのと色替えの使い回し。
キャラ達の技はそれぞれ楽しかったです。ラスボスはユーリ操作、リタ、エステル、レイヴンでした。他のキャラもたまに出してたけどw
きっとやりこむ人は、ユーリ以外も操作して楽しかったのだろうなと思います。
武器の装備で技を覚えていくシステムは、色々な武器を装備できて良かったのですが、合成してしまって「ああー」という事態もちょこちょこあって面倒でしたwその辺が分かりにくかったんや…。
・曲(★★☆☆☆)
BGMは全体的に、特に良い曲はなかったです…すまぬ。

・映画版
どさくさで見ました。
ゲームの少し前の物語。ラピードもちび犬です。
ユーリの剣の腕は、すでにみんなに認められていたようです。これが本人の自信でもあるのでしょうけど。
隊長がいい人で良かった。もうあんたそれユーリのお父さんだよ…泣ける…!

という感じで、次のトップ絵はヴェスペリアかな~と考え中です。
2017_08_27


仮面ライダーエグゼイド、TV版が最終回でした。
中盤のポッピーの演技にびっくりして見始めて、途中からはもうダンクロト社長に夢中でした。
時間差土管コンティニューとか…最後まで楽しませてくれる。そろそろ残機を増やさないとやばいのでは?w
映画のトゥルーエンドも見てきました。
先に上映の戦隊の、紫の指令の人は格好いいなと思いました。レンジャーの時の服がコート。
ライダー映画の方は、TVでもちらっと出ていた怪しげな社長です。
シノビが好きらしいけど、使っていたセンスは葱(ねぎ)でちょっと漢字を間違ってるのが面白い。なぜ売られていた?のかが謎ですがw

Vシネマ3部作で続くということで、楽しみにしていこうと思います。ダンクロト神がどうなるか…!
余談ですが、ポッピーの中の人がグラビアでヤンジャンの表紙を飾っていて、あっヒロインってそういう本に水着で登場するんだ…と今頃知りました。大きなお友達向け…!


DQ10ではカジキグランプリ。
やっと今日釣ってきました。
竿1本目の2回目にして1400cmが釣れたので、一気に個人のサイズ別報酬はゲットできました。
竿3本使いましたが、500~1200cmばかりでこれ以上のサイズは釣れず。
ランキングに乗る数字はどこから来てるんだろう…。2000cm以上だとか?

スイカは竿3本目でやっと出ました。レアすぎる。
かかったときは「?」で表示されるので分かりやすいです。
こちらは1回で250cmが来たので、個人のサイズ別報酬は全てもらえました。やったね!
家具のスイカが「さわる」と結構こっていて、やるなあ考えた人…!と感心しました。SS撮り忘れ。
2017_08_27

更新済み

category: 未分類  

トップ絵と漫画を更新しました。(すでに)
ドワ子かわいい。
ミリオンスマイルは、かわいくて効果も素敵。

漫画の方は、ペンの設定が適当なままなので、線の太さなどはまだおかしいときがあります。
もうちょっとうまく使いこなしたいなあ…。
2017_08_20


著:九井諒子

表紙、よく見たらファリンが抱いてるのは聖書ではなくまな板w
ファリンが無事生き返って、あとは帰るだけ…のはずがびっくり展開に。
例のダークエルフが狂乱の魔術師だったようです。笑顔は…かわいいのに…!
ファリンを「竜」呼ばわりして、何か使命を与えていました。そうか、竜でもあるのか…。
せっかく戻ってきたところなのに、いきなりファリンがパーティーから離脱です。
ダンジョン飯が続くためには仕方ないのか…!w

そして、今までモブの割に登場するなあ…と思っていた、色黒パーティーの詳細が分かってきました。
名前判明。性格も少し判明。
そしてライオスptを外から見た評価が出ます。なるほど、そう考えるとライオスptも色々ありそうね?
でも、あなたたちの方がなぜ組んでいるのか謎なんですが…特にカブルーは割と心が壊れてるよね?w
東方でも言葉が通じないところがある…という説明から、リンは東方の中国系かな?

シュローptも登場。いいとこのぼっちゃんみたいです?
この人、イケメンなのかそうでないのか悩ましいw
東方の、こちらは日本系かな?鬼っぽい女の子がいたし。
本名トシロー→トッシュロー→シュローと名乗っていたとは。
犬がうなるぐらいだから、シュローpt内にやばいキャラが混ざっていそうです。

何よりも笑ったのはコカトリス戦。
「学校始まって以来の才女 マルシル」と、爆発で気を引くって…その世界、戦隊モノあるんですかw
石化対処法にだまされた瞬間での石化も最高でしたwその顔はやばい…!
薬草の輪切りでキュウリパック。そこ、まともに眼球ですが!w
そして、「世話かけてごめんなさい」…ではなくて「人を 漬け物石に使うな」というオチまで最高でした。
マルシルが、かわいいのにギャグ担当で最高です。

ファリンの魔法の教え方がフワッとしていて最高でした。
そりゃさすがに兄のライオスでも理解は無理です。脳に宇宙が広がるw

ライオスptにシュロー、カブルー達が合流。
物騒な出会いでしたが、ライオスがほんわかにしてくれました。さすがリーダー?いや天然?
さて、この後どうなっていくのかわくわくです。
2017_08_16


著:種村有菜

それほど出番はなかった、るーくんが表紙。
あかりと、ゆこのCD販売対決です。
謎の嫌がらせにより衣装がトイレに。
いや男子のみなさん、そこにぞろぞろ入ってくるんじゃないよ…いくら今の時代でも、必要最小限でお願いしたいw
数分では乾かなかったことを逆に利用して、噴水で歌うことにしたあかり。
マイクとかは大丈夫なのかなw
臨時で使うことにした足場の強度がないって…どういうことや…と思いつつ、ステージ中に見事に壊れてトラブル。
しかしニュースで取り上げられて、興味を持ってくれた人がCDを買ってくれて、ゆこに勝利したのでした。
いやー、ニュースで見たからってその日すぐに買うかなあ…w

帯でネタバレしていた、都北君の彼女。(ひどい)
花美ちゃんが、ライバル心から美容に力を入れだしたのは、なかなか面白かったです。
まあ共感できたのはここだけでしたがw
最終的には都北が花美にプロポーズして決着。
都北おまえ…そんなに体が目的か…!って思ってしまってごめんね。
今後もアイドリームはもらえるのか心配しつつw

これで、都北ともくっつくことがなくなった千影さん。(まだあきらめたくはないけど…)
最初の頃は、都北か響、どっちとくっつくのかも楽しみだったのですが。あともう一人も。
小夜歌ちゃんは、魔法が使えるのは秘密、という絵本を信じて、千影の変身について黙っていてくれていました。かわいいな!
そしてなぜかラストで響が行方不明に。な、なんでかなー?
2017_08_16


著:大高 忍

前巻でシンの方針をどう思うかアリババにたずねたアラジン。
そこでアリババが行ったのは、アリババはルフを書き換えられているのかどうか、という確認でした。
なんと規格から外れていたため、変わっていないそうです。一回死んだからだとか?

シンは、さらによりよい世界にするため、みんなで一度ルフに還ろう、と提案し、世界中のみんなもそれに賛成しました。
シンによるルフの書き換えで、みんなはシンが一番の王だと思っているから、そうなりますわね。
通常なら賛成するはずのない人たちまで、涙を流して同意していました。モルジアナや、マギであるユナンまで。

でも堕転した白龍やジュダルは正気でした。
この4人でシンに挑戦しにいこう…と思ったら、留守番が必要に。
留守番に白瑛が候補になりましたが、まだ眠ったまま。
ここで登場したのが、ここまでうすうす噂に上がっていた、おだてられやすいボンボン、ネルヴァでした。
割とかわいそうな奴やな…。

とはいえ、これで聖宮へ。
シンの7つの迷宮を「心残り」と表現しつつ、アラジン達は順に戦うことに。
ただ単に戦うのではなく、そこにいる「シン」が納得いくかが勝負の決め手。
1つめのバアルでは、ジュダルはある意味無茶な回答をしましたが、シンは一応納得してくれたようです。
今のふっきれたジュダルだからクリア出来たのでしょうか。

2つめのヴァレフォール。
シンの変身シーンが、モフモフしっぽとキツネ耳で、ケモノ感があって最高に良かったです。
さてさて、どうなる白龍。

シンと戦うつもりが、7ボスとの対戦が決まったので、正直だるいな~と思いました。
しかし、今まであまり出ていなかったジン達について詳しく知る最後のチャンスだと気づきました。
特に、フルフルは今までクワガタのようなツノを持つ色黒の元気な女の子と思っていたのですが、どうやら若干かわいい目をしたムキムキ男性キャラだったようです(?)。この人の出番が楽しみです。
2017_08_16


著:吉崎観音

最初の1話目だけいつもの感じでしたが、後は長編スタートです。
冬樹の世界7不思議。これは楽しそう!
まずはナスカの地上絵から。
コンドルが今まで別作品で見たことのあるキャラでした。あっちではナスカだったような。
ハチドリの服が大丈夫かこれっていうレベル。
「何万年寝そべっていたと」→※1500年です という場面が個人的に笑いました。長いようで、意外と短い?w
地上絵が古代の映画説、という解釈もおもしろかったです。
ふとグーグルで地上絵が見られるかなーと思ったのですが、そのエリアはぼやけていました。ちぇ。

2つめはイースター島。
さりげなく、「のけもの」という表現が登場。けものフレンズとつながってますね!
やたら広い飛行場は、かつてのスペースシャトルの緊急着陸用だったとか。
アクアクが、タママとクルルを食べちゃいました。強くなっていくよ…これ…。
2017_08_16


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権

Published by Gamepot Inc. © 2007-2012 SQUARE ENIX CO., LTD All Rights Reserved.
(C)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

ブログ検索




page
top